1. HOME
  2. Interview
  3. 「鱒キングテープ」や魚のグッズで楽しんでもらいたい|松鮭モエさん
Interview

「鱒キングテープ」や魚のグッズで楽しんでもらいたい|松鮭モエさん

Interview

108

松鮭モエさんは、鱒キングテープをはじめとした魚や野球などのグッズを制作しているクリエイターです。Yahoo!ニュースに掲載されたこともあるので、ご存知の方もいるかもしれません。松鮭モエさんが制作したグッズは、デザインフェスタなどのイベントやBOOTH(松鮭工房)で販売されています。

本記事では、松鮭モエさんの活動内容やグッズに対する思いについて伺いました。

SNSやBOOTHのリンクはこちら:X(旧Twitter)InstagramBOOTH

ダジャレを思いついたのがグッズ制作のはじまり

____活動内容を教えてください。

イラストや雑貨の制作をしています。サーモンを食べるのが好きなので、主なテーマは鮭やいくらです。野球やバスケの観戦も好きなので、そちらをテーマにしたものも時々制作しています。

※本ページのすべての画像と文章の無断転載はご遠慮くださいませ。

____いつから魚や動物などのオリジナル雑貨の制作をされていたのですか?

最初の『鱒(マス)キングテープ』と、当初販売していた別の作品は、2021年の春ごろに制作していました。

販売するオリジナル作品として制作したのはこの時期が初めてですが、子どもの頃から絵を描くことや面白いものが好きで、仕事から帰って絵を描いたりはしていました。

____魚や動物などのオリジナル雑貨に興味を持ったきっかけはなんですか?

『鱒キングテープ(マスキングテープ)』というダジャレをなんとなく思いつき、そういうグッズがあったら面白いなとなんとなく思ったことがきっかけです。本当にちょっとした思いつきでしたが、制作が楽しかったのでその後の活動にもつながったのだと思います。

____魚や動物などのオリジナル雑貨にどのような想いを込めていらっしゃいますか?

「誰かが楽しんでくれたら良いな」というシンプルな気持ちです。

「せっかく作るなら販売してみよう」が出品のきっかけ

____普段はどういったところで発信や販売をされていますか?

X(旧Twitter)、Instagram、BOOTHのショップ「松鮭工房」で発信・販売しています。

____出品はいつから始めましたか?

2021年の夏ごろです。

____出品のきっかけはなんですか?

せっかく作るならネット販売してみよう、くらいの軽い気持ちです。

『鱒キングテープ』については、作品を発表した投稿を話題にしていただきWEBニュースなどで取り上げていただいたので、急いで出品を始めました。

____活動を中断していた時期はありましたか?(中断していた場合)再開のきっかけは何でしたか?

中断していたというよりも、最初はあまり継続してできていませんでした。自分が「何か描きたい・作りたい」と思った時、余力のある時だけやっていました。

働き方を考え直して、仕事の時間を減らすなどしてからは、少しずつ定期的に活動できるようになったと思います。

制作活動の継続には時間と体力の配分が必要

____ファンの方や他のクリエイターさんとのつながりはありますか?

ありがたいことに、(ファンの方から)SNSやイベントで作品の感想や励ましなどのお声がけをいただくことがあります。

また、学生時代の友人のクリエイターと定期的に連絡を取り合い、共同で活動することもあります。

____活動を継続できている秘訣やポイントはなんだとお考えですか?

モチベーションの面で、作品の感想や励ましをいただくことは本当に活力になります。

それと友人クリエイターと活動報告をしあうことも励みになっています。

あとは私の場合、活動のためのパワーを確保することと、周囲の理解だと思います。

まずは自分のエネルギーの総量を把握して、時間や体力を何に使うか考えた時に、仕事の時間を減らして自分のやりたい活動に充てようと思いました。また、もし身近に助け合える人がいるのなら、大変な時には力を借りてもいいと思います。

活動再開のタイミングは「つくりたい」の気持ち

____今後の展望を教えてください。

好きなものをたくさん作りたいです。

頭の中にあるものを実際に形にすることはとても大変ですが、だからこそ楽しいし価値があると信じています。そして作品を楽しんでいただける人に届ける努力もしたいと思っています。

今後も自分の気持ちを見失わないように活動したいということと、今はとにかく目の前のことを1つずつ一生懸命やろうという気持ちです。

____学生時代にクリエイティブ活動をしていたけど、社会人になってから忙しくて遠のいてしまっている方にメッセージをお願いします。

私は活動に本腰を入れるまでずいぶん時間がかかりましたが、今となっては全ての経験が創作に活きていますし、私にはこの遠回りが必要だったと思っています。

創作活動は無理にすることではないと思うので、心の中の「何かつくりたい」とか「つくることが好き」という気持ちを、捨てずに大切にあたためておくと良いと思います。そしてふいにまた手を動かしたくなる日が来たら、きっとそれがその人の活動再開のタイミングなのではないでしょうか。

____なにか告知されたいことがありましたら、お願いします。

X(@MoetMatsuzake)とInstagram(@moetmatsuzake)にて活動の様子など投稿しています。

よかったら覗いてみていただけると嬉しいです。

____ありがとうございました。

松鮭モエさんの活動の発信はSNS(XInstagram)で、鱒キングテープをはじめとした作品はBOOTH(松鮭工房)で販売中です。Tシャツやサーモボトルなどのユニークな作品もラインナップされています。ぜひ、ご覧ください。

今後本メディア(SparC)では、下記機能を搭載し、ご登録いただけた皆様に無料提供を予定しております。
・タイアップを考えている企業とのマッチング
・ものづくりを依頼したい個人とのマッチング
・顧客管理機能(あなたの顧客に関して購入履歴の参照やメルマガの配信など)
・note機能の実装
・お問い合わせフォーム機能
ご登録いただけると、あなたの自己紹介ページを無料発行させていただきます。
各種SNSや販売ページなど、ご自身に関するリンク集としてご活用ください。
自己紹介ページは本フォームにご入力いただいたものを反映の上、ご入力いただいたメールアドレスにURLとしてお送りさせていただきます。
ご入力いただいたメールアドレスが自己紹介ページに反映されることはございませんので、ご安心くださいませ。ご登録にあたり費用は一切かかりません。