1. HOME
  2. Article
  3. 【厳選】音楽で稼ぐ方法6選 | ライブ・配信だけじゃない!方法と必要なスキルを理解して収益化を目指そう
Article / /

【厳選】音楽で稼ぐ方法6選 | ライブ・配信だけじゃない!方法と必要なスキルを理解して収益化を目指そう

Article

360

音楽で稼ぐことを夢見る方は多くいます。しかし、音楽で稼ぐのは簡単ではありません。収益化を目指すには、流行を知ったり世間にアピールしたりなど、効率的な方法を理解しておくことが大切です。

そこで当記事では、音楽で稼ぐ方法を6つ厳選してご紹介します。稼ぐために必要なスキルや成功する人の特徴なども解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

音楽で稼ぐ方法6選

音楽で稼ぐ方法はライブや配信だけではありません。稼ぐ方法を理解して、安定した収益化を目指しましょう。

デジタル配信(ダウンロード・ストリーミング・サブスク)で稼ぐ

音楽で収益化するには、ダウンロードやストリーミング、サブスクといったデジタル配信で稼ぐという方法があります。各種サービスで音源や音楽を配信し、再生回数に応じて印税を受け取るというものです。

代表的なデジタル配信サービスは以下のとおりです。

  • Spotify
  • Apple Music
  • Tidal
  • Amazon Music
  • YouTube Music
  • TUNECORE JAPAN

サービスによって差があるものの、1再生あたり0.2円〜1.4円程度の印税を得ることができます。1万円を稼ぐためには、10万回ほどの再生数が必要です。

とはいえ、初心者でもデジタル配信をするのは難しくありません。各種サービスを活用し、ブランディングやマーケティングを徹底すれば「音楽で稼ぐ」を実現できるでしょう。

YouTubeで稼ぐ

音楽で稼ぎたいなら、YouTubeを使うのもおすすめです。自分の音楽や作業用BGMなどを発信して、広告収入で稼ぐという方法です。

登録者数や再生回数が増えるまでには時間と手間がかかりますが、軌道に乗れば数万円〜数十万円規模の収益化も夢ではありません。

また広告収入のほか、投げ銭サービスで稼ぐという方法もあります。

ライブで稼ぐ

「音楽で稼ぐ」と聞くと、ライブで稼ぐ方法を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。集客ができるなら、個人やバンドでライブを開催し、稼ぐこともできます。

ライブで好評を得られれば「ハコバン」と呼ばれる、ライブハウス専属のバンドになって稼ぐことも可能です。ただし、ライブで稼ぐには集客ノルマをクリアしなければいけません。

CDやグッズ販売で稼ぐ

ある程度のファンや知名度がある場合は、CDやグッズ販売で稼ぐという方法もあります。ライブで販売したり物販サービスを利用したり、YouTubeで宣伝したり、販売方法はさまざまです。CD制作は専門業者に依頼するのが一般的です。

音楽制作の受託で稼ぐ

音楽で稼ぐ方法には、音楽制作を受託するという方法もあります。自分が好きな曲ではなく、クライアントの要望に沿って音楽を制作するものです。

この方法の場合は、まずクライアントを見つける必要があります。主な手法は以下のとおりです。

  • クラウドソーシングやスキルマーケットを利用する
  • コンテストやコンペに挑戦する
  • 自身のプラットフォームで制作物を発信する

クラウドソーシングを使えば、比較的簡単にクライアントとつながれます。ただし報酬が低い案件も多いため、契約前の確認が必須です。

最もおすすめなのは、自身のプラットフォームで発信することです。SNSを活用したり、クリエイター向けのプラットフォームに参加したりして、自身の存在や音楽をアピールしましょう。

音楽講師で稼ぐ

音楽で稼ぎたいなら、音楽講師をするのも1つの手です。楽器やボイストレーナーなど、自分が得意とするスキルを活かせます。

生徒は自分で集めるのもよいですが、最近は教えたい人と教えてほしい人をつなぐサービスも展開されているので、効率的だと思うほうを採用しましょう。生徒が集まれば、月謝としてまとまった金額を稼ぐことができます。

音楽で稼ぐために必要なスキル

音楽で稼ぐために必要なスキルは主に2つあります。作って売る、というシンプルな仕組みですが、この部分が非常に大切です。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

音源・音楽の制作スキル

音楽で稼ぐためには、音源や音楽の制作スキルが必須です。歌えるだけでなく、作詞や作曲、編曲などマルチに対応できるほうが好まれます。

一般的に、楽曲はDTMソフトやアプリを使用して制作します。デジタル配信や音源制作の受託で稼ぐなら、各種ツールを使いこなせるようにしておきましょう。

一方、作業用BGMなどであればスマホアプリでも作成できます。YouTubeの作業用BGMチャンネルで稼ぐなら、難しい制作スキルは必要ありません。

マーケティングスキル

音楽で稼ぎたいなら「制作して配信するだけ」ではいけません。誰かが見つけてくれる、というのは幻想です。自分から積極的に発信・アピールすることが大切です。

効率的かつ効果的に楽曲をアピールしたいなら、マーケティングスキルを身につけましょう。マーケティングスキルを活かせば、効率的に届けたい人にあなたの楽曲を届けられます。

音楽で10万円稼ぐのは大変?

正直に述べると、音楽で10万円稼ぐのは非常に大変です。デジタル配信やYouTubeなどは再生回数に応じて収益を得られますが、数十万回規模の再生が必要となります。そのため、軌道に乗るまではつらい期間になるでしょう。

ただし、実際に音楽で月10万円を稼いでいる人は多くいます。音源や音楽を制作するだけでなく「どうしたら聴いてもらえるのか」「どう演出すればバズるのか」といったブランディングやマーケティングを徹底しましょう。

音楽を聴いてお金を稼ぐ方法があるって本当?

実際に「音楽を聴くだけで稼げるサービス」は存在します。情報が見つかったのは、音楽が再生される間に広告が流れることで、広告費を得られるというものです。

一見すると「楽に稼げる優良案件では?」と感じるかもしれません。

ただし「全く稼げない」という口コミも存在します。理由は、音楽1曲を聴くことで得られる報酬は1円以下だからです。

時給換算にすると効率が悪すぎるので、おすすめしません。効率の悪い仕事をするよりも、音楽制作に力を入れるほうがよいでしょう。

音楽で稼げる人・稼げない(失敗する)人の特徴

音楽ができる、配信ができるからといって、全員が稼げるわけではありません。ここでは、稼げる人と稼げない(失敗する)人の特徴を紹介します。

音楽で稼げる人の特徴

音楽で稼げる人の特徴は以下のとおりです。

  • とにかく音楽が好きな人
  • 定期的に音楽を制作・配信できる人
  • プラットフォームをうまく活用できる人

音楽で稼げるようになるには、努力と根気が必要です。コンスタントに楽曲を配信すれば、ファンの獲得がしやすくなります。

また、自身の楽曲をアピールする場として、プラットフォームを活用するのもポイントです。音楽が好きな気持ちをもちつつ、楽曲配信を継続しましょう。

音楽で稼げない(失敗する)人の特徴

音楽で稼げない人の特徴は以下のとおりです。

  • 配信するだけになっている人
  • 定期的な音楽制作ができない人
  • ビジネス・マーケティングスキルが低い人

ただ配信するだけでは注目されません。コンスタントに楽曲を配信しつつ、マーケティング戦略を練る必要があります。

また、クライアントからの受託で稼ぐ場合はビジネススキルも必須です。営業活動や適切な対応ができない人が、音楽で稼ぐのは難しいでしょう。

音楽で稼ぎたいならプラットフォームをうまく活用することが大切!

音楽で稼ぎたいと考えている人は多いため、単に「楽曲を制作して配信するだけ」で収益を得るのは難しいでしょう。もちろん楽曲制作に注力することは大切ですが、どのようにアピールするか、という点も重要です。

各種サービスやプラットフォームなどを活用すれば、自分の活動の幅を広げられます。今回紹介した「音楽で稼ぐ方法」を実践しつつ、マーケティング戦略についても学んでみてください。

SparCはクリエイターとして収益を得たい方々を応援しています。このページがお役に立てたら、ぜひSNSでも拡散をお願いします!