1. HOME
  2. Article
  3. webデザインを独学で習得するのは難しい?勉強法やフリーランスになるためのポイントも解説
Article / /
webデザイン 独学

webデザインを独学で習得するのは難しい?勉強法やフリーランスになるためのポイントも解説

Article

33

「webデザインの勉強に興味があるけど独学でもできるかな?」

「働きながらでも独学できるかな?」

このようにお悩みの方もいるかもしれません。

できるだけ費用を抑えてwebデザインの勉強をしたいけど、独学となるとちゃんと理解できるのか、続けられるのか不安に思うものでしょう。

在宅でも働きやすいwebデザイナーは人気の仕事ですが、独学でフリーランスになっている方も多くいます。しかし、仕事にするためにはスキルの習得は必要不可欠です。

そこでこの記事では、webデザインの仕事を踏まえて独学で学ぶべきポイント、独学で学ぶメリットとデメリットなどを解説します。ぜひ最後までご覧ください。

独学でもwebデザイナーになれる?

webデザイン 独学

独学でもwebデザインの勉強は可能です。そのため、実際にwebサイト等の制作ができるようになれば、webデザイナーとはいえます。

ただし、webデザイナーにもさまざまな働き方があるため注意が必要です。大別すると、企業に雇用されて働く場合とフリーランスで働く場合に分かれます。

企業に雇用される場合 ・web制作会社などであれば、複数の案件を同時並行で進める。

・事業会社であれば、その企業の魅力が伝わるように深く掘り下げて制作する。

フリーランスの場合 ・個人事業主として、業務委託などで各案件に携わる。

独学で知識を身につけてから会社員として働く人もいます。求人を探してみると、未経験OKの求人もあるため、ある程度のスキルがあれば雇用してもらえるかもしれません。

一方でフリーランスとして働く場合、webデザイナー自体になるのは可能ですが、仕事を得られるかどうか難しい場合もあります。自宅で自由度の高い働き方ができることからフリーランスのwebデザイナーになりたいと考える人も多いでしょう。しかし、その後の仕事の流れや受注方法は知っておく必要があります。

webデザインの仕事の流れ

webデザイナーの仕事の1つであるwebサイトを作るまでの流れを簡単に解説します。webサイトは概ね以下の手順で作られます。

  1. コンテンツの考案:どんな情報をどこに配置してどのようなページを作るのかを考案する。webサイトの目的や大枠を決める段階なので、詳細は省いてOK。
  2. 画面の設計(ラフ・ワイヤーフレーム):画面設計を行う。イメージを具体化するためにラフを描き、ツールを使用してワイヤーフレームを作成する。
  3. デザイン:画像編集ソフトを用いてワイヤーフレームに肉付けしていく。
  4. コーディング:HTMLやCSSなどでコーディングして、デザインをwebサイトとして実装していく。

上記に加えて、作成前にクライアントとのコミュニケーション・プランニング・リサーチをしたり、納品後も必要に応じてサポートや保守を行ったりする場合もあります。

webデザインのやり方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

webデザインの勉強に必要なもの

パソコン スペック

Webデザインを独学で学ぶのは可能ですが、いくつか必要なものがあります。

  • パソコン
  • 画像編集ソフト
  • ドメイン・サーバー

独学であれば比較的費用は抑えられますが、ソフトやサーバー代などのコストがかかるため無料での習得は困難です。それぞれ以下で解説します。

パソコン

パソコンは、webデザインのために不可欠なツールの1つです。デザイン作業やコーディングを行うにあたり、ある程度高性能なパソコンが必要で、最低限以下のスペックが求められます。

・CPU:Core i5以上
・SSD:256GB以上
・メモリ:16GB以上

スペックは作業の動作スピードに関わります。ストレスなくスムーズに勉強するためにもある程度のスペックを満たしたパソコンを使いましょう。また、細かな作業が多いため、できるだけマウスも使うことをおすすめします。

また、大きな画面や高解像度のモニターがあると、デザインの詳細や全体が見やすく作業しやすくなります。ノートパソコンでもできないわけではありませんが、可能なら大きいモニターを用意しましょう。

画像編集ソフト

Webデザインにおいて、画像編集ソフトは重要なツールです。Adobe Photoshop(画像の加工)やAdobe Illustrator(イラスト・アイコン制作)などの業界で一般的なソフトウェアをはじめ、オープンソースの代替ソフトウェアも利用できます。画像編集ソフトを使って、バナー・アイコン・背景画像などのデザイン要素を作成および編集するため、何らかのソフトは用意しておきましょう。

ドメイン・サーバー

Webデザインを学び、自分の制作物を公開する段階になるとドメインとサーバーが必要になります。ドメインはウェブサイトのアドレスを示し、サーバーはウェブページのファイルを保存するものです。

選ぶ際には、信頼性とコストを考慮しましょう。また、ドメイン名を選ぶ際に、ビジネスや個人のブランドに合ったものを選ぶことが重要です。

独学でwebデザインを習得するには?

Webデザイン 独学

webデザインの工程は概ね「ラフ→デザイン→コーディング」から成り立ちます。そのため、独学で習得するなら以下の内容を勉強すると良いでしょう。

①デザインの勉強をする

デザインと聞くと、華やかでセンスによる部分が大きいと思われがちですが、実は理論に基づくものなのです。そのため、基本的なデザイン原則とwebデザインのトレンドについて学ぶことをおすすめします

カラーセオリーやタイポグラフィ、ユーザビリティの基本に精通することで、優れたデザインの基盤となります。独学なら書籍・ウェブ記事・動画など、さまざまな方法を利用して勉強すると良いでしょう。

②画像編集ソフトを使いこなす

画像編集ソフトウェア(Photoshop、Illustrator、GIMPなど)の使い方を習得しましょう。

画像編集は、使用したい写真などの素材を加工したり、ロゴやバナーなどを制作したりとwebデザインに欠かせないスキルです。

使いこなせれば、写真の不要な部分だけ消したり移動させたり、複数の画像をかけあわせたりと、実にさまざまな画像を生み出せます。

デザイン要素の作成や編集のスキルを向上させるために、練習と制作を繰り返してみましょう。

③コーディングを学ぶ

Webデザインにおいて、HTMLとCSSの基礎知識は必須です。HTMLはコンテンツの構造を定義し、CSSはデザインやスタイルを管理する言語です。このような言語でコーディングしてウェブページを構築していきます。

オンラインで練習できるサイトなどもあるため、どんどん活用してスキルを向上させましょう。

④実際に制作する

デザインやコーディングを学んだら、実際に作ってみることが重要です。

個人サイト・ブログ・ポートフォリオwebサイトなどを制作し、獲得したスキルを実践で活かす機会を作りましょう。実際に制作することで、スキルの向上に繋がるのはもちろんのこと、ポートフォリオとしても活用できます

独学でwebデザインを学ぶメリットとデメリット

メリット・デメリット

Webデザインを独学で学ぶことには、いくつかのメリットとデメリットがあります。以下でそれぞれを紹介します。

メリット

独学の主なメリットは自分のペースで低コストで勉強できることです。

  • 柔軟なスケジュールで学べる:独学では、自分のペースで学習可能。仕事など他のスケジュールに合わせて学びたいときに学べる。
  • コストを抑えられる:オンラインの無料サイト、書籍などを活用することで、高額な学習費用をかけずにスキルを習得できる。
  • 自由に制作できる:独学の場合、作りたいものを自由かつ実践的に制作できる。

デメリット

一方で、独学では挫折しやすかったり、計画通りに進みにくかったりする場合もあります。

  • 挫折しやすい:独学では孤独であり指導もないため、フィードバックを受けられず、行き詰まって挫折しやすくなる。
  • 計画的にできないことがある:独学の場合、自分自身で計画を立てて学ぶため、不規則になったり、進捗が遅れたりする場合もある。

webデザインの勉強に関するよくある疑問

Q&A

ここからはwebデザインを勉強するにあたって、よくある疑問について解説します。

独学でもフリーランスのwebデザイナーになれる?

独学でもフリーランスのwebデザイナーになること自体は可能です。しかし、フリーランスの場合、自分で仕事を見つける必要があります

仕事を探して請けるには、スキルの習得だけでなくポートフォリオを充実させたり営業をしたりする必要もあるでしょう。

独学で勉強すると期間はどれくらいかかる?

学習期間は個人により異なりますが、独学だと半年〜1年くらいかかる場合が多いようです。

また、働きながらであると、勉強時間の確保が難しくなりがちで、前述した期間よりさらにかかる可能性もあります。この場合、効率よくスキルを習得するために、自己投資と考えてスクールに通うのも1つの選択肢と考えられます。

独学でwebデザインを学ぶなら何からすべき?

独学でwebデザインについて学ぶなら、まずはwebサイトについて学びましょう。

技術的な勉強ももちろん重要ですが、よりスムーズに進めるためにもwebサイトの知識を得ることをおすすめします。本やサイトから学ぶのも有効ですし、概要をつかむためにスクールの無料体験を試しに受講するのも良いかもしれません。

まとめ|独学でwebデザインを習得したいなら計画的に勉強しよう

webデザインを習得したいなら、コーディングや画像編集のスキルは欠かせません。加えてデザイン理論を勉強すると、より実際の制作に活かせます。

このような学習は独学でも可能ですが、フィードバックが得られず挫折することもあるかもしれません。しかし、低コストで勉強でき、自由なスケジュールで進められるメリットもあります。

ある程度、自分で計画立てて勉強できそうであれば、独学での勉強に向いているかもしれません。ぜひ自分に合った勉強法でwebデザインを学びましょう。

SparCはクリエイターとして収益を得たい方々を応援しています。このページがお役に立てたら、ぜひSNSでも拡散をお願いします!